症状で漢方を選ぶ胸部・お腹の
お悩みに

防風通聖散ぼうふうつうしょうさん

防風通聖散は、お腹の脂肪を
落とすための漢方薬です。

働き01
脂肪を分解し、燃焼させます。
働き02
脂質を便と一緒に押し出します。
なぜ年齢と共にお腹の脂肪が
落ちにくくなるの?

40歳を過ぎた頃からなかなか痩せないのは、実は脂肪も年をとるから。
私たちの身体には、脂肪の蓄積と分解の機能を持つ『白色脂肪』と代謝を上げて脂肪を燃やす『褐色脂肪』の2つの組織がありますが、年を重ねるにつれてこれらの脂肪も年をとり、脂肪を分解・燃焼する働きは衰えていってしまいます。
そのため、年齢と共にお腹の脂肪が落ちにくくなってしまうのです。

なぜ年齢と共にお腹に脂肪が溜まりやすくなるの?
なぜ防風通聖散が効くの?

防風通聖散には、18種類もの生薬が配合されています。薬理研究の結果、サンシシ、マオウなどの生薬が脂肪の分解・燃焼に関与していることが判明しています。また、防風通聖散には余分な脂質を便と一緒に押し出す効果もあるので、溜まりやすくなったお腹の脂肪を落とす効果が期待できるのです。

なぜ防風通聖散が利くの?
落ちにくくなったお腹の脂肪を
落とすメカニズム
  • 図01
防風通聖散を構成する生薬
トウキ、シャクヤク、センキュウ、
サンシシ、レンギョウ、ハッカ、
ショウキョウ、
ケイガイ、ボウフウ、
マオウ、ダイオウ、ボウショウ、
ビャクジュツ、キキョウ、
オウゴン、カンゾウ、セッコウ、カッセキ

製品ラインアップ LINEUP

ページトップへ戻る