症状で漢方を選ぶ腰から下の
お悩みに

清心蓮子飲せいしんれんしいん

清心蓮子飲は、
尿をためる機能を高め、
夜間頻尿を改善する漢方薬です。

働き01
膀胱周りの筋肉を弛緩させて
膀胱を広げ、
尿をためる機能を改善します。
働き02
利尿作用で、
たまった尿を
しっかり排出します。
働き03
生薬の力で、
精神の緊張と
膀胱及び尿道
などの炎症を緩和します。
なぜ夜間頻尿は起こるの?

夜間頻尿は、加齢などが原因で膀胱のまわりの筋肉「膀胱排尿筋(ぼうこうはいにょうきん)」が硬くなり、ためられる尿の量が少なくなることで起こると言われています。また、ストレスなどの精神的な負担も頻尿の原因の一つとされています。

なぜ、夜間頻尿は起こるの?
なぜ清心蓮子飲が効くの?

清心蓮子飲は、膀胱排尿筋を弛緩させる作用があります。レンニクなどの生薬が膀胱排尿筋を柔らかくして膀胱を広げ、尿をしっかりためられるようにすることで頻尿を改善します。また、カンゾウやブクリョウなどの生薬が精神の高ぶりを抑え、オウゴンやジコッピなどが患部の炎症を鎮めます。

なぜ清心蓮子飲が利くの?
3つの作用で、
夜間頻尿を改善します。
  • 図01
    1. 尿をためられます。
    膀胱排尿筋を弛緩させて膀胱を広げることで、尿をしっかりとためられるようになります。
    2. たまった尿をしっかり出せます。
    利尿作用があるので、寝る前にきちんと尿を出せるようになり、頻尿や残尿感を改善します。
    3. 患部の炎症を鎮めます。
    抗炎症作用があるので膀胱や尿道の炎症を抑え、頻尿や残尿感を改善します。
清心蓮子飲を構成する生薬
レンニク、バクモンドウ、ブクリョウ、
ニンジン、シャゼンシ、オウゴン、
オウギ、
ジコッピ、カンゾウ

製品ラインアップ LINEUP

ページトップへ戻る